御室とは

仁和寺は、約1090年前の仁和四年、京の西山に「真言宗」と名刹として、宇多天皇が創建され、都の人々より親しみ、尊敬されてきた。帝の退位後、名を御室御所と尊称されました。
御室は平安貴族が最も好んだ地の1つと言われており、現在は右には嵯峨野、左には竜安寺、鹿苑寺「金閣寺」、前方には双ヶ丘、そして花園等の名称を訪ねるにことかかない。

また、御室の寺の境内には名所といわれる有名な桜がある。
「花(鼻)は低いが人が好く」という昔のうたい文句があり、里桜の一種で御室の桜と、人々に大変したたまれている桜です。他の桜が散った後に花を咲かせて、しかも長い期間楽しませてくれる。
枝振りが低いため、「おかめ」桜とも呼ばれ、すぐに手が触れられる場所で咲いているため、大衆に人気があります。