奉仕

御室小学校・宇多野小学校・花園小学校・西京極小学校区の献血に協力しています。
学区の献血会の皆さんと連携を取り、献血活動推進に取り組んでいます。

献血について

血液は人間の生命を維持するために欠かすことのできない成分で、体内から一定量が失われると命にも関わります。
患者さんを救うために輸血が必要となりますが、輸血用血液は科学が進歩した現在でも人工的に造ることはできないため、献血によってしか確保することができません。
また、血液は生きた細胞ですから長期間保存することもできません。輸血に必要な新鮮な血液をいつでも十分に確保しておくためには、絶えず誰かが献血していかなければなりません。
京都御室ライオンズクラブでは、献血で必要な血液の確保が出来るよう献血の呼びかけや、献血に関わる方々の支援、記念品の贈呈等をしております。 みなさま一人ひとりの献血への参加が、病気やけがの治療を支え、患者さんを救います。

海外からの学生に京都のおもてなし

毎年、海外からの学生がライオンズクラブ 335-C 地区を通じ、ホームステイをし、日本・京都の文化を学ばれます。

当御室LCでは、夏期に日本へ来られる学生に対し、一日ホストというアクティビティを行っており、日本・京都をより身近に感じていただきたいと約半日のスケジュールを企画しています。

京都の伝統工芸・精進料理等の特別な技術や伝統を肌に触れていただいて、より一層の魅力を感じて頂ければと思います。

取り組み

当クラブは一日ホストを継続事業として長年続けております。
前回は、アメリカ・フィンランド・台湾から 3 名の学生が京都へと勉強のためにやってきました。
古代友禅苑にて友禅染の体験・西陣織会館にて西陣織の体験並びに着物ショー、伝統工芸の見学、妙心寺にて精進料理の昼食、春光院にてお茶会等、体験学習を通して、京都の良さを伝えることができ、貴重な思い出を作ることができたと思っております。
一日ホストの受け入れクラブや京都へ来日する学生が、残念ながら年々減ってきている傾向にありますが御室では継続してこの取り組みを続けていこうと思います。

京都の観光地である広沢池西畔を出席者全員で清掃します。
早朝から清掃を行うことで身体を動かすことが主な奉仕活動であり、長年続けておりますが、会員全員で取組みアクティビティを通じて多くの方と出逢い、貴重な体験をさせていただいております。 
湖畔にはサクラ、カエデ、ヤナギが植樹されており、生物もたくさん生存しているため地元の小学校の自然観察教室や写生教室などにも気持ちよく利用してもらえる環境づくりをしております。

主旨

御室の地域に対する取り組み以外にも、学生と社会人に対する育成事業の支援を行っております。

取り組み

・夏期YCE来日学生を古代友禅苑・西陣織会館・妙心寺春光院へ招待 ・京都学生レオクラブへの支援 ・右京少年消防クラブへの育成物品代金の贈呈